本文へ移動

ゼロクリアランス工法

ゼロクリアランス工法

 ●ゼロクリアランス工法について
ゼロクリアランス工法は、専用に開発された圧入機ゼロパイラーとゼロ矢板(NS-SP-J)により、 近接する構造物との隙間(デッドスペース)を「ゼロ」の状態で圧入施工することが可能な工法です。 従来の工法では解決できなかった狭隘な水路などでの土木工事や、敷地の有効活用が求められる 建築工事において、これまで利用することができなかった空間を最大限に活かすことができます。 また、施工機械はコンパクトで周囲への威圧感や転倒の危険性がなく、高い安全性を誇ります。 さらに、GRBシステムによる仮設レス施工で、工期短縮、工費削減を実現し、地下空間の開発や 構造物の耐震補強などに大きなメリットを発揮する画期的な工法です。

ゼロクリアランス工法の特徴

 
 
●特徴1  環境に配慮した施工を実現
ゼロ矢板(NS-SP-J)は継手位置が外側にあることにより、継手効率の断面性能の低減が不要で経済的な設計 が可能です。 静荷重での圧入工法と杭材の向きが同一方向のゼロ矢板(NS-SP-J)の特性により、補助工法使用時の杭材 背面地盤への影響を抑制することができます。
 
●特徴2  転倒の心配がなく、高い安全性を実現
圧入機本体は完成杭をしっかりとつかむ機構のため、転倒の危険性がありません。
 
●特徴3  圧入機本施工コストを実現
ゼロ矢板(NS-SP-J)は継手位置が外側にあることにより、継手効率の断面性能の低減が不要で経済的な設計 が可能です。
 
●特徴4  工期短縮を実現
ゼロ矢板(NS-SP-J)は有効幅が600mmなので、施工枚数を削減することができ工期短縮が可能です。

水路改修工事

建築山留工事

鉄道近接工事

道路用壁工事

0
5
4
5
4
1
TOPへ戻る